もどる タカトウダイと似た花  
Label
似た花の登録手順
■検索条件を指定して「この花と」をクリックしてください。複数表示された場合は比較する花を選択してください。
■この花と似た花の検索条件を指定して「この花は」をクリックしてください。複数表示された場合は似た花をひとつ選択してください。
■類似度に応じたボタン「そっくり、かなり、すこし」をクリックすると類似する花が登録されます。
■登録する花を間違えた場合は「削除」をクリックしてください。類似度を変更する場合は該当するボタンをクリックしてください。
科名 (Family Name) 

花名(和名/学名)の一部
(a part of Flower Name)

地域 (Area)

分布・撮影地の一部 (a part of Area)

(Color)

写真有
(Image)
同科 同属

違い
ID パスワード
類似度
違いがわかれば違いを記入して類似度をクリックすると登録されます。
似た花の調べ方

■似た花を見る場合は類似度を選択(複数可)し、花を探すをクリックしてください。リストとそれぞれの花の写真が表示されます。
■同じ属の花を見る場合は同属の花を見る をクリックしてください。リストと花の写真が表示されます。
■花の写真をクリックすると拡大表示され、写真をマウスで移動できます。
■花の写真を比較して見たい場合はリスト中の「写真比較」欄のボタンをクリックしてください。両方の写真が表示されますので、写真をクリックすると拡大表示できマウスで移動できます。

 と
類似度花名科名属名特徴違い写真比較似た花変更
かなりハクサンタイゲキトウダイグサ科トウダイグサ本州中北部の山地草原に見られる多年草。日本固有。■ハクサンタイゲキの子房には開出毛があるが、タカトウダイには無い。■ハクサンタイゲキは亜高山~高山対に生え全体にやや小型。タカトウダイは山野に見られやや大型で葉がまばら。
かなりナツトウダイトウダイグサ科トウダイグサ山野に生える多年草。ナツトウダイの花は杯状で花序の腺体(花びらのような部分)三日月形で先端が刺のようにとがる。タカトウダイの花は杯状先端は丸い。ナツトウダイの花はハル四月~5月に咲くが、タカトウダイの花は6月~7月ころに咲く。
かなりノウルシトウダイグサ科トウダイグサ湿原にはえる多年草で切ると出る白い乳液に触るとかぶれることがあることからノウルシという。ノウルシの花序の下にある苞葉は黄色になるがタカトウダイは黄緑色。
かなりシナノタイゲキトウダイグサ科トウダイグサ山地の落葉樹林の林床や林縁に生える多年草。■タカトウダイの葉は両面とも短毛が有るかまたは無毛だが、シナノタイゲキは裏面に長い軟毛が密生する。■タカトウダイは長い茎に多数の茎葉をつけるが、シナノタイゲキは短い茎に大きな葉をつける。■タカトウダイは草地を好み、シナノタイゲキは林床を好む。■タカトウダイは夏に開花するが、シナノタイゲキは春から初夏に開花する。■タカトウダイの種子は黒色だが、シナノタイゲキは褐色。
かなりハマタカトウダイトウダイグサ科トウダイグサタカトウダイの海岸に適応した一品種で、海岸近くの草地などに生え全体が小型の多年草。■タカトウダイは山野に生え高さが80センチほどになるが、ハマタカトウダイは海岸に生え茎は匍匐しあまり高くならない。■タカトウダイの花序は全体に大きく広がるが、ハマタカトウダイの花序は短く花が密集する。■ハマタカトウダイの葉は厚みがある。
かなりフジタイゲキトウダイグサ科トウダイグサ山地の草原に生える多年草。■タカトウダイの苞葉や輪生葉は緑色だが、フジタイゲキは黄色を帯びる。■タカトウダイの茎には毛があるが、フジタイゲキは無毛かほぼ無毛。
かなりセンダイタイゲキトウダイグサ科トウダイグサ山地の湿りけのあるところに生える多年草。■タカトウダイの開花期は6~7月だが、センダイタイゲキは4~5月。■タカトウダイの子房の表面に小さな突起があるが、センダイタイゲキは平滑。■タカトウダイの腺体は楕円形だが、センダイタイゲキは半月形。
かなりイブキタイゲキトウダイグサ科トウダイグサタカトウダイの変種で山地の草地に生える多年草。■タカトウダイの葉は長さ5~6センチだが、イブキタイゲキは3~4センチと短い。■タカトウダイは全国の山地の草原に見られ高さ30~80センチと大きいが、イブキタイゲキは伊吹山特産で高さが40センチ以下と小さい。■タカトウダイの茎は一株から1~数本と少ないが、イブキタイゲキは多くの茎を束生する。
少しマルミノウルシトウダイグサ科トウダイグサ山地の草地に生える多年草で若葉は紅色を帯びる。■タカトウダイの子房は楕円形で表面に凹凸があるが、マルミノウルシの子房は球形では凹凸は無い。■タカトウダイは初夏から夏に咲くが、マルミノウルシは春に咲く。■タカトウダイは50~80センチほどだが、マルミノウルシは40~50センチと小型。
少しトウダイグサトウダイグサ科トウダイグサ北半球に広く分布する一年生の草本で日当たりのよい畑や道端などに生える。有毒植物。タカトウダイの葉は長楕円形で細長いが、トウダイグサの葉はへら形で短い。
表示数(最大100) Page 登録件数  10
タカトウダイ
クリックすると拡大表示
タカトウダイ [2016/06/18]
[2016/06/18, 栃木県] 拡大表示
ハクサンタイゲキ
クリックすると拡大表示
ハクサンタイゲキ [2007/08/09]
[2007/08/09, 八方尾根] 拡大表示
ナツトウダイ
クリックすると拡大表示
ナツトウダイ [2011/04/01]
[2011/04/01, 南丹沢] 拡大表示
トウダイグサ
クリックすると拡大表示
トウダイグサ [2005/04/15]
[2005/04/15, 秦野市] 拡大表示
ノウルシ
クリックすると拡大表示
ノウルシ [2015/04/09]
[2015/04/09, 富士市] 拡大表示
マルミノウルシ
クリックすると拡大表示
マルミノウルシ [2007/06/11]
[2007/06/11, 霧ヶ峰] 拡大表示
シナノタイゲキ
クリックすると拡大表示
シナノタイゲキ [2016/06/27]
[2016/06/27, 霧ケ峰] 拡大表示
ハマタカトウダイ
クリックすると拡大表示
ハマタカトウダイ [2010/09/21]
[2010/09/21, 三浦半島] 拡大表示